case

 

弁護士・公認会計士と並んで三大国家資格と言われながらも、相対的な知名度はやや低い不動産鑑定士ですが、不動産の鑑定評価が必要とされる場面は意外と多くあります

 

  • 所有している不動産を売買・交換したいとき
  • 所有している不動産の賃貸に関する評価
  • 建物の建て替えにあたっての資産評価
  • 不動産を担保に金融機関から融資を受けたいとき
  • 相続などの必要性から不動産の適正価格が知りたいとき
  • 不動産の証券化や抵当証券を発行したいとき
  • 企業の合併を行いたいとき
  • 不動産の利用方法や運用方法についてコンサルティングが必要なとき
  • 再開発に関する評価

 

会計士・税理士向け 弁護士向け 金融機関向け
公共向け 相続・同族間評価
タイトルフィルタ     表示 # 
# 記事タイトル 参照
1 金融機関向け 3592
2 税務・会計事務所の皆様 3939
3 法律事務所の皆様 4194
4 公共機関の皆様 3748
5 個人の皆様へ 3971